桃の節句で食べる和菓子といえば、やはり桜餅ですよね!

江戸スタイルの桜餅!

桜餅と言って思い浮かべる和菓子には大きく分けて2つの外見がありますよね。どちらの桜餅を連想するかはその人が生まれ育った地域で異なってくるでしょう。2つのタイプの内、主に関東圏で食べられている桜餅は、かわいいピンク色の皮にあんこを包み込むスタイルです。塩漬けした桜の葉っぱでくるんでありますよね。江戸時代には生まれていたというのですから、その歴史は古いですね。皮は小麦粉などを材料にして作られているんですよ。

京都スタイルも有名です

こちらは道明寺粉で作ったお餅の中にあんこが入っているタイプの桜餅です。こちらもとっても有名ですよね。江戸生まれの桜餅と同様に、塩漬けの桜の葉っぱでくるむという共通点が見られます。葉っぱは餅で手がべとつかないようにする上でも役立ちますね。このタイプの桜餅は京都が発祥なんですよ。西日本の人にとっては桜餅といえばこっちでしょう。半透明の薄いピンク色の道明寺粉で作られた桜餅は見た目でも楽しませてくれます。

ニュースタイルの桜餅って?

コンビニやスーパーなどで安価でありながら本格的な和菓子が食べられるようになると、新しいスイーツが好まれやすい中で生き残りをかけるために、新しいスタイルの桜餅も登場するようになりました。味わいや桜を表現している淡いピンク色といった桜餅の個性を保ったまま、形や食べ方に変化が加わったのです。餅とあんこを別々にしたものや、道明寺粉の部分をとろとろにしてスプーンですくって食べるタイプなど不思議な桜餅が誕生しています。

ずんだ餅は、宮城県仙台地方に伝わる郷土菓子です。餡にすりつぶした枝豆を用いているので、枝豆の栄養をまるごと食せるお菓子です。